ポジティブシンキングに関する個人的見解

ポジティブシンキングについては
以前から何度か書いたことがありましたが、
良い面もあるけれど、そうでない面も
多分にあるものだな~と思っています。

ポジティブシンキングを普段から
実践されている方をエネルギー的に
拝見した時に、妙な分離を感じることが
しばしばあるんですね。

まるで、仮面をかぶせているような、
作り物感たっぷりの違和感があって、

外側に見せている姿が、
その人の真実からブカブカと分離して
フィットしていない感覚があるのです。

そして、その作り物の仮面の奥に、
様々なネガティブと言われるエネルギーが
封印されている気配がムンムン。。。

こういうのを見てしまうと、
それって、単に現実を自分の見たいように、
都合の良いようにフィルターかけて
見ているだけで、

結局見たくないものから目を背けて
いるだけなんじゃないのかな~?
って思ってしまうのです。

感情解放ワークの考え方では、
いわゆるポジもネガもどちらであっても
そのまま受け止められる自分であるように、
とお伝えしてきているのですが、

絶望だろうが怒りや悲しみ、嫉妬や憎しみ、
虚しさ、喜び、執着、淋しさなどなど、
どんな感情であろうと、それそのものを
生き切ることのできる自分であれば、
別に何の問題もないわけです。

それを受け止め、生き切ることが耐えがたい
と思うときに、どうにかしてそれを
感じないようにして生きていこうという
方向性の在り方を目指すようになります。

わざわざそういうものが待ち受けている
現実を自ら作り出すことはないですが、

辛く苦しい気持ちを浮上させる出来事が
起こってしまったら、起こってしまったなりに
誠実に対峙して、応答できればいい
と思うのです。

しかるに、ものごとを自分の見たいように
無理やり解釈して、本当は自分の中で
湧き起こっている様々な気持ちを
無いことにする、というやり方は、

表面的には不快な気持ちは収まるように
思えますが、根本的にその気持ちのエネルギーが
完了しているわけではないので、

ややもすればその気持ちが顔を覗かせ、
その度にポジティブな思い込みを
強く強くインプットすることを
繰り返すようになるんじゃないかと思います。

よく、潜在意識の書き換えなんて言いますが、
これはAという思い込みがBという思い込みに
置き換わるものなので、抑圧とは違います。

ポジティブシンキングをしている方の中に、
しばしば、書き換えではなく、
抑圧がみられるのがあまり健全ではないな
と感じられる一つの理由です。

しかも、強力にポジティブな思考を
自分にねじ込もうとするあまり、

抑圧が強くなるのと同時に、
それに反発する、ある意味正常な
自身の感覚までも、徹底的に分離・封印
している方も見かけます。

そういう方は表面的にはとても
ポジティブで好ましいように思えるのですが、

どこかからかかりてきた作り物の理想を写した
仮面をかぶっているようなものなので、
本当のその人らしさからはかけ離れた
違和感を感じてしまいます。

(あくまでエネルギーを見た上での
個人的な感想です)

理想を追求すること自体、悪いとは思いませんが、
でもその理想って、どこから持ってきたもの
でしょうね?って思うのです。

マスコミが欲しがらせるために、盛んに
ばらまき、刷り込んできたイメージだったり、
これを達成すれば、その苦しみを免れるだろう
と誰かが言った理想像だったり
しませんでしたかね?

そしてそれは、本当にあなた自身の本質が
望んだものだったのでしょうか?

そもそも、自分の本質、自分が本当に
望んでいることを知るために、
どれだけ自分と向き合い、
対話をしてきたでしょうか?

ポジティブもネガティブも、
どちらであってもニュートラルに見つめ、
受け止めることができる状態ではじめて、
本当の自分の声を聞くことができます。

見たいものしか見たくない、
聞きたいことしか聞きたくないという
姿勢で、本当のことを知ることなど
どうしてできるでしょう?

真のポジティブシンキングは、
自分の都合で現実を切り取って
解釈するのではなく、

現実を在るがままに見て、
自身の中で起こることも抑圧することなく
在るがままに見つめ、昇華させた先に
確かに見えてくる安堵や希望をベースに
したものなんじゃないかと思うのです。

まぁ、そうなると「シンキング」とわざわざ
思考を使わなくなりますけれどね。

その安堵や希望は、マインドの思考レベル
のものではないからです。

幸か不幸か、私は昔、ポジティブシンキングを
やろうとしても、どうしてもその違和感に
心身が混乱、反発してできなかったのですが、

世の中には卓越したコントロール能力を
持った人たちがいて、その辺を実に巧みに
やってのけてしまう人たちがいるんですね。

それをやって、自分の中に自身の本質との
分離がないのなら異論はないのですが、酷く
不自然な構造を作ってしまうこともあるので、
そこはあまり賛成できないな、と思うのです。



良かったらポチッとおしていただけると喜びます♡

↓ ↓ ↓




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 自分と向き合うへ
にほんブログ村

【お知らせ】*********

セッションなどのお問合せはこちらからどうぞ
お申込みフォーム

満月のオンライン瞑想会
10月2日(金) 19:00~22:00

正味5時間の解放ワーク「1day集中ディープクリアセッション」
特典付き期間限定価格で対面・遠隔ともに受付中!

詳細はホームページをご覧ください

過去記事の目次へ

関連記事

  1. 人生の目的に導く力

  2. 心に抱えた爆弾と発散、統御について

  3. 祝福された命

  4. 自分の人生と対話する

  5. 人間関係と主体の意識

  6. 凪と変容

  7. 何者でもない自分に人生が差し出す喜び

  8. 「心の隙」なのか「誓い」故か