不平不満と自己不信

今月の個人セッション受付、17日以降、
4連休を含め、まだ多少空き日があります。
秋分前に(後も!笑)片づけておきたい
テーマがある方は、ぜひどうぞ~!

お問い合わせ、お申し込みはこちら
https://ssl.form-mailer.jp/fms/aff83813470243

さて。

様々な人間関係の中で、
多かれ少なかれ、我慢していることって
誰しもあるだろうと思います。

けれど、その我慢が慢性的に、
不平不満となって噴出して
日々が幸せに感じられない時、
あなただったらどんな選択をしますか?

友人関係、仕事、夫婦や恋人関係など
ありますが、不平不満を言いつつ
我慢しているのはなぜなんでしょう?

人によって色々理由はあると思いますが、
我慢によって得ているメリットを
良~く見ていくことで、
見えてくるものがあります。

だって仕方ないじゃない、と
自分に言い聞かせて諦めて、

自分の不幸の原因を相手に押し付けることで
被害者ポジションをキープし、
相手を責める権利をゲット。

そして自分は無力な被害者として
権利を行使しつつ不自由な牢獄生活に
甘んじています。

人の人生はそれぞれですから、
ご自分で選択されたのなら
外野がとやかく言うことではありません。

ただ、仕方ない、というその大前提は、
本当にその通りなのか。

自身が引き受けるべき何かから逃げている
ために、失っている別の選択肢は
無かったのか。

もう一度精査して振り返るのも、
悪くはないのではないでしょうか。

自分の幸せは自ら創造するもの。
誰かにお任せで、自分が満足するような
幸せを運んできてもらえるわけでは
ありません。

ましてや、
相手が幸せを運んできてくれなかったから
と言って、相手を責めるのも
お門違いです。

相手が一方的に、
私を幸せにしてくれなければいけない
義務なんて、どこにもないのです。

関係性における幸せは
常に共同作業です。

そのことを忘れてはなりません。

あなたが今、その関係性において
不幸なのであれば、その不幸の責任は、
必ずあなた自身にもあるのです。

たとえば、旦那さんが浮気したとして、
確かに悪いのは旦那さんかもしれません。

けれど、どうして彼は浮気に走ったのか、
その経緯はどうだったのでしょうか。

また、元々そういう気質の人であるならば、
その人をパートナーに選んだのは
自分です。

そういうところも含めて、
今の幸せや不幸があるんですね。

あなたが不平不満のあるその関係性に
甘んじている理由は何でしょうか?

経済的不安や
一人ぼっちになってしまうことへの恐怖、
あるいは、諸々を一人背負って生きていく
重荷を引き受けることへの自信のなさ
でしょうか?

不平不満にまみれて、
自身の生命力を濁らせ、枯らすくらいなら、

自分が恐れているものに向き合って、
それに対して自分にできることがないのか、
と、問うてみてはいかがでしょうか。

今、幸せでなく辛いのは、
そこに留まっていてはいけない、
という命のメッセージです。

様々な恐れに委縮し、立ちすくみ、
固まっているのではなく、

深く呼吸をして心と体をほぐし、
ほんの少しでも今の自分とは違うアクションを
起こしてみましょう。

それができたら、それがどんなに小さなこと
だとしても、もうこれまでのあなたと同じ
ではないのです。

行動できた自分に、既になっています。

それを重ねて行ったら、
どれだけ現実が変わるでしょうか。

あれほど自信がなく、自分が信じられなかった
としても、行動できた自分はパワーが
溢れてきています。

これができたんだから、もっと何かできそう!
と、新たな可能性を自ら楽しんで模索する
ようになるでしょう。

そうしたら、ポジティブなスパイラルが
始まっています。

相手に不平不満を言っている暇も
なくなるでしょう。

自信のなさは、自分がどんなに不幸でも
自ら動こうとしない自分への不信です。

どんなに訴えてもこの場所から、
自分を救い出してくれない、
そうしようともしないで諦めている
自分自身への苛立ちと、虚しさなのです。

不平不満は、それを相手にぶつけているだけ。
相手は、あなたのそんな態度を
鏡として見せてくれているだけです。

自分が変わっていったら、
鏡として見えている世界も変わるでしょう。

相手の態度も変わるかもしれませんし、
変わらないのなら、もう我慢の必要などない
と知ってしまったあなたは、
その関係性を続けていくかどうか、
自分でわかるでしょう。

人生に適切な忍耐は必要ですが、
ただの抑圧の我慢は、
命を停滞させるだけです。

貴重な人生の時間を、
無駄に停滞させて失わぬように。

自分が何を選択しているのか、
振り返ることは、
自身の可能性を発掘する作業
でもあります。

何歳になろうと、
汲み上げることを諦めなければ、
可能性は尽きません。

あなたは今、
どれだけ自分の可能性を
汲み上げられたでしょうか?

もう十分だ、どうせこんなもんだ
という人は、まだまだ見えていません。

もっともっと、よく見るように。



良かったらポチッとおしていただけると喜びます♡

↓ ↓ ↓




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 自分と向き合うへ
にほんブログ村

【お知らせ】*********

セッションなどのお問合せはこちらからどうぞ
お申込みフォーム

満月のオンライン瞑想会
10月31日(土) 17:00~20:00

正味5時間の解放ワーク「1day集中ディープクリアセッション」
特典付き期間限定価格で対面・遠隔ともに受付中!

詳細はホームページをご覧ください

過去記事の目次へ

関連記事

  1. 自分も生かし、他者も生かす道を選ぶ

  2. ブレない軸を持つために

  3. 「無い」から「ある」への認識のシフト

  4. 自身のニーズを誠実に表現することと我儘の違い

  5. 認めてほしいという切なさと報われない虚しさ

  6. 冷酷なる鬼

  7. 些細な違和感を放置しない

  8. 自分を責めることを止めて、自尊心を取り戻す歩み