人を助けるということ

最近、人を助けることと、
ツールとしてのヒーリングエネルギー
について思うことがあり、
ご本人の了解をいただいたので、
書いて見ます。

ことのきっかけは、セッションを受けた
数日後からものすごく具合が悪くなったので
これは一体何が起こっているのか?
というクライアントさんのご質問からでした。

私もそれは一大事、と思って
早速遠隔リーディングしてみたのですが、
セッション後はとてもすっきりされたご様子で
見る限りは異常はありません。

いつから不調が表れたのだろうと
辿っていくと、セッション数日後の夜からでした。

この日にどこかに出かけたとか誰かに会ったとか
お心当たりがないか伺ったところ、
自宅である人物に会ったということでした。

その方をさらにリーディングしていくと、
確かに不調を起こしているエネルギーが
その人物によるものだと特定できました。

そのときは、まだ体や空間に残っている
その人物のエネルギーを浄化する方法を
丁寧にお伝えして、結果、すっかり回復された
というご報告をいただいたのですが、

これからもその人物には定期的に
会うことになっているそうで、
ご本人は非常に恐れを感じて
怯えていらっしゃいました。

そういうことなら、
より浄化力や防御力の高い
シルバーバイオレットのエネルギーが
あるといいのだけれど。。。と思ったのですが、

その方は観音様のアチューメントは
受けていらしたものの、
そちらは受けていませんでした。

観音様のエネルギーは、非常に繊細で
軽やかなので、今回のようなケースでは
ちょっと物足りないような気がしたんですね。

けれどその方は、レイキのエネルギーは
持っていらしたので、そちらで対応する方法を
取ることにしたのですが、

さらに件の人物の状況や、ご本人がその人物に
関わることになったいきさつを伺うにつれ、
これは単に防御と浄化によって対処する
ケースではないのだと気づきました。

そもそもそのクライアントさんが
件の人物にかかわるようになったのは、
大変な状況にあるお友達を助けたい、
少しでも自分にできることで
力になれるのなら、という善意からでした。

けれどもその善意によって、
ある意味、自分の体調を崩したりと、
面倒を引き込むことになったのです。

ここで、下手に安易な善意から
身の程を知らずに人助けなどするものじゃない
なんて無粋なことを言うつもりはありません。

引き受けたときは、そこまでのこと
という自覚はなかったとしても、
その人には、恐い!→浄化して防御という
今までにありがちなパターンを
越えていく学びが差し出されているのです。

件の人物に、たぶん悪意はないと思います。

けれど、その方の中にどうしようもなく
渦巻く心細さや淋しさ、怒りや悲しみ、
満たされない思いが募る辛さなどが、

人にダメージを与えるほどのエネルギーとなって
溢れてきているんだと感じられました。

差し出されている学びの本質は、
このエネルギーにどう向き合うのか?
ということだったんですね。

恐い恐いと逃げ腰でいては、
適切に対処することも、
そこに在る学びをクリアしていくことは
できないでしょう。

こういう人物を自身の人生に引き入れた
ということは、そのクライアントさん自身
にも同じものがある、ということを
意味しています。

そして、このケースで本当に人を助けるとは、
このどうしようもない孤独や淋しさなどの
エネルギーを、助けようとしている本人自身が
完全に統合していなければ、できること
ではありません。

自身の内のそれらの感情を統合できた時、
恐れなくその人物に向き合い、
適切に接することができるでしょう。

そろそろそういうことができるレベルに
シフトアップしていく時期だよ、
ということを、魂は呼び掛けているのだと
私には感じられました。

この方は、定期的にセッションを
お受けくださり、これまで
たくさんたくさん、ご自身に向き合って
来られました。

だから今、これまで積み重ねたものを使って
本当に人が助けられる力をつけなさい
ということなのだと思います。

自分の中に湧き起こる恐れを越えて、
飢え渇く心を慈悲によって
温かく癒し導けるように。

そういう自分に方向性を定めた時、
まさにあの観音様のエネルギーが、
生きてくるのです。

同じ問題に、どう向き合い、対処するかが、
どのレベルでその問題を見つめるかで
これだけ違ってくるのですね。

そして、エネルギーをどう使うのかは、
その人の意識の在り方で、
天と地ほどまでもその有効性や
パワーが違ってきてしまいます。

この方がもし恐れによって問題を
見ていたら、観音様のエネルギーの
真価はとても発揮できないでしょう。

逆に言えば、
その真価を引き出せるくらいの
自分になるように、
ということなのだと思います。

きっと、このクライアントさんは早晩、
この問題をクリアされるでしょう。

そうして、一回りも二回りも成長されて、
さらに多くの人たちの希望になるんだろうな
という気がしています。

だから、厄介ごとと捉えずに、
本当に貴重な機会を与えてくれた!
と思って、有難く向き合ってみたら
いいんじゃないかな、と思います。

絶対できるから、
肚を決めて頑張れ~!!!(^^)



良かったらポチッとおしていただけると喜びます♡

↓ ↓ ↓




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 自分と向き合うへ
にほんブログ村

【お知らせ】*********

セッションなどのお問合せはこちらからどうぞ
お申込みフォーム

満月のオンライン瞑想会
10月31日(土) 17:00~20:00

正味5時間の解放ワーク「1day集中ディープクリアセッション」
特典付き期間限定価格で対面・遠隔ともに受付中!

詳細はホームページをご覧ください

過去記事の目次へ

関連記事

  1. 虫にまつわる不思議な話

  2. 無数の人生の記憶が導く先

  3. 執着を手放すことへの考察

  4. 学びのプロセスを明確にする

  5. 諸刃の剣を使う覚悟

  6. ~ということにしておく

  7. 最も逃げ続けてきたものの中にあるカギ

  8. お免状をいただいてからがスタートです