自身の尊厳を守るための義憤

来週29日(金)は満月のオンライン瞑想会です。
今回も、参加者のみなさんお一人お一人の
リーディングをさせていただき、メッセージや
アドバイスをお伝えします。

また、様々な働きかけを通して、
エネルギー調整やチャージをして行きますので、
ピンときた方は、ぜひご参加ください!

お申し込みはこちら。
http://healing-gate.com/blog/seminner/fullmoonmeditationmeeting/

さて。

無料遠隔ヒーリングの参加者の方から
ヒーリングをすべて終了するのは何時ごろ
難でしょうか?というご質問を
いただいたのですが、

働きかけの所要時間としては、
大体全部で15分以内で終わってます。

その時の参加人数や働きかけの種類、
参加される方の状態によっても
前後することはありますが、
30分以上もかけているということは
ありません。

あと、当日に私の方の都合で
所定の時間にできない場合もあり、
そのときは20時に流れるように設定して
別のタイミングでやっている
ときもあります。

注意事項にも書いてありますが、
ヒーリングエネルギーの体感を取ること
自体が重要なのではなく、

その後の内観を通して自分自身に
気付いていく、実際にワークをして
統合のプロセスにチャレンジすること
自体が趣旨なので、

自分にはこんな気持ちがあったんだとか、
やっと認めがたい自身の側面を
受け入れられたとか、そういうご自身の
歩みに注目してワークなさってください。

感情解放ワークについては、
拙書「感情解放ワークブック」やブログを
ヒントに進めてみてください。

ブログでは基本は理解しているものとして
断片的にしか書いてないので、
全体像を知るにはやはり本を読んでください。

どんなことでも伝えたいことが100%
伝わるということはないものかもしれませんが、
受け取った人が、自分の都合の良いように
切り取って逃避の口実にすることは
本意ではありません。

私は、怒りの奥には傷ついた心がある
とお伝えしてはいますが、だからと言って、
傷ついた心を統合できれば
「怒りは必要ない」と言ったことはありません。

怒りも大切な感情のスペクトルの一つ
であり、怒るべき時は怒らなければ
ならないのです。

憤怒の形相の神仏が存在するのは
なぜでしょうか?

怒りは決して、下等な感情では
ありません。

神聖な、命の表現の一つなのです。

それを、不当に貶めていたとしたら、
怒りを正当に扱わないが故の
生きる苦しさを味わうでしょう。

昔は(今もあるけれど)
「義憤」という言葉がありました。

道に外れたことに対して発する怒り
という意味ですが、

誰かが道に外れたことを
自分に対して行ったときは、
断固として怒りを発すべきだと
私は思います。

そこでニコニコ、曖昧な態度で
穏便に済まそうとするのは、
相手にそういうことをやっても良いのだ
というメッセージを発しているに
等しいことです。

されて嫌なことなら、
はっきりとNOという意志表示を
しましょう。

自身の尊厳を傷つけられても
事を荒立てなくないと、
義憤を飲み込むのなら、

その場は収まったとしても、
その歪みは深いレベルに沈潜して
長く禍根を残すことになるでしょう。

自分の尊厳を、自ら貶めるようなことを
しないように。

自分はどうでも良い存在ではないのだ、
大切な存在なのだということを
自分自身の言動と在り方を通して
表現しなければなりません。

とは言え、その仕方には
注意深く在りましょう。

それは、「務めて冷静に、
かつ理論的に、よく考えて伝える」
とかそういうものではなく、

自身の感情のエネルギーを受け止めないままに
どれだけ冷静になって、論理的に自分の考えを
主張しようと努力したとしても、

その言葉には怒りのエネルギーが
しっかり込められてしまいます。

それはなく、
まずは自分が自身の怒りを認め、
受け止めることが先なのです。

人に当たるのではなく、
一人の安全な時間と空間を確保して、
自分の怒りを、怒りとして
表現しましょう。

そのうえで、
相手に自分の気持ちと、
本当にしてほしいこと、
してほしくないことといった
ニーズを伝えます。

たとえば、
あなたが私の話を無視したことが
とても悲しかったよ。
本当は、私の気持ちを受け止めて
話を聞いてほしかった、など。

飲み込んだ言葉、思いを吐き出すことは、
とても大きな癒しをもたらします。

人は、思いを飲み込み続けることで、
どんどん本当に生きたいはずの人生から
遠のいていくのです。

浮上した怒りのエネルギーと、
その原因になった出来事は
当然のことのように結びつけられますが、

本当のところ、それは単なるきっかけで、
直結はしていないのです。

目の前の態度の悪い店員に怒っているようで、
実は深いところでは、自分の母親に
怒っているのかもしれません。

長くなるので今日はここまでにしますが、
苦手な感情から自分が逃げていないかな
というのも、注意してみてくださいね。



良かったらポチッとおしていただけると喜びます♡

↓ ↓ ↓




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 自分と向き合うへ
にほんブログ村

【お知らせ】*********

セッションなどのお問合せはこちらからどうぞ
お申込みフォーム

満月のオンライン瞑想会
2月27日(土) 17:00~20:00
3月29日(月) 19:00~22:00

正味5時間の解放ワーク「1day集中ディープクリアセッション」
特典付き期間限定価格で対面・遠隔ともに受付中!

詳細はホームページをご覧ください

過去記事の目次へ

関連記事

  1. 罪と罰、そして戒めと許しについて

  2. 引き裂かれるハートと癒し

  3. 硬質な強さの奥にある脆さ

  4. 「可哀想な人」

  5. 開かずの封印を開くコミットメント

  6. 人生の目的に導く力

  7. 自分自身に向き合う力

  8. 命の原点を辿る癒しと気づき

お知らせ

満月のオンライン瞑想会
2月27日(土) 17:00~20:00
3月29日(月) 19:00~22:00
・・・
正味5時間の解放ワーク「1day集中ディープクリアセッション」
特典付き期間限定価格で対面・遠隔ともに受付中!

カレンダー

2021年1月
« 12月   2月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近の記事

  1. 恐怖と幻想

    2021.02.26

おすすめの記事

  1. 悪魔の囁き

    2020.03.24