感情解放ワークについて

KOUがお伝えする感情解放ワークは、KOUが師と仰ぐスピリチュアルティーチャー、レナード・ジェイコブソンの教えを実践していく中で生まれたオリジナルのメソッドです。

【他の解放ワークとの大きな違い】
①心と身体と魂をピッタリと合わせた状態で感情のエネルギーを生きることで、完全に解放していく

どんなにノートに思いを書き綴っても、泣いたり怒りを発散したりしても、大抵は頭だけで心と身体を置き去りにしています。だから一時的にすっきりしたように思えても、エネルギーがうまく解放できず、何度も繰り返してしまうのです。

②「鏡の法則」から、自身の現実に起こっている出来事の意味を読み解きます。

なぜそんなことが起こったのか、なぜ同じことを繰り返してしまうのか、どうしてその人に出会ったのかなどの理由が分かります。

③「出来事が差し出しているメッセージ」を知り、それに応答していくことで自身の現実を調和に導きます。

ただ抑圧された感情を解放するというだけではなく、その先にあるのは、人生と調和した安らぎや、意識の目覚めです。

感情解放ワークは、苦しい気持ちを解放することが最終目的ではありません。

今この瞬間に深く根づいていくために、抑圧された感情のエネルギーを手放していくのです。

従って、ワークは一時的なツールではありません。それそのものが、自身の「在り方」になっていきます。

【実践すると、こんなメリットがあります】
・自身の気持ちの適切な処理の仕方が分かり、何かや誰かに八つ当たりをすることがなくなります。

・抑圧された感情のエネルギーが減っていくので、些細なことに反応しなくなり、比較的いつも穏やかな気持ちでいられるようになります。

・自分の問題に責任を取る根本的な方法が分かるようになります。

・ものごとの本質を直感的に見るようになります。

・人間関係が調和したものになります。

・人生の様々な問題に、落ち着いて対処できるようになります。

・繰り返すネガティブな問題が、収束していきます。

ワークをどれだけ実践し、身に付けたかで個人差はありますが、地に足を付けて人生を歩むようになるでしょう。

詳細は、拙書「感情解放ワークブック~自分の気持ちを抱きしめる」をご参照ください。また、サロンでは定期的にワークショップを行っています。ワークは正しく実践することがとても重要です。ぜひ、我流ではなく正しいワークを学んでみて下さい。