スピリチュアル特別講座⑨「憎しみや罪悪感、許しと和解のワーク」

【日時】
2018年
3月10日(土)、3月28日(水)
各回ともに10:00~16:00(9:30開場)

【会費】  20,000円

【定員】  4名

【場所】
スピリチュアルヒーリングサロン ヒーリングゲート

〒135-0034   東京都江東区永代2-23-1 内山ビル302号室
 最寄駅 地下鉄東西線または大江戸線 門前仲町駅徒歩5分

********************

今回の特別講座は、どうしても拭いきれない
憎しみと罪悪感、和解と許しをテーマに
してみます。

多くの方が、憎しみや怒り、罪悪感などを
消し去りたい、と思いつつ、様々なことを
しても解放できなくて苦しんでいます。

記憶の彼方に深く沈めたとしても、
それらは日々のふとした瞬間に
浮上しては、私たちの気分を
汚染します。

ポジティブシンキングなどで
気にしない、忘れる、楽しいことを
考えるようにする、などといった
対処法で切り替えていこうという方は
多いですが、

実はそうした方法では、
完全にそれらの感情を完了させることは
できません。

光に向かう前には、しかと自身の中の
どんな要素もあるがままに認め、
生きなければならないのです。

それが頭ではわかっていても、
いざ向き合おうとすると恐ろしくて
なかなかできないという方も
少なくありません。

それを認めてしまったら、
自分が汚れてしまうとか、
人を傷つけてしまうとか、
大切な人が離れて一人ぼっちに
なってしまうとか、
とても受け止めきれない、
自分がつぶれてしまう

などなどの恐れが浮上してくるからです。

清く、正しく、美しい自分でいたい
あまり、あまりにも醜い側面を自分の中に
認めるのは、とても耐え難いのです。

けれど、自身の真実を否定するやり方は
人生の様々なところに歪んだ苦しみを
生み出します。

この講座では、
現実の体験が被害者、加害者
どちらであっても、
必ず両方の立場の感情のわだかまりを
統合します。

心の奥底に隠してきたすべての感情を、
全部出して、言えなかった言葉も、
やりたかったことも、プットアウト
させていきます。

この部分、みなさんが隠したがって
蓋をしてしまいがちですが、
明らかにすることから
癒しが始まるんですね。

どんなに醜いことも、恥ずかしいことも、
恐ろしいことも、全部です。

そうした真実の上でないと、
和解や許しは絶対に成立しませんし、

本当になりたかった
「清く正しく美しい自分」なんて、
体現できようはずもありません。

だって自分に嘘をついているわけですから。

魂の中にあるいくつもの人生の記憶には
墓場まで持って行った秘密もあったかも
しれません。

どんなに上手に隠しおおせたと思っても、
完全な逃げ切りはありえません。

何より、自分自身にそれは通用しないのです。
深く魂の奥に沈められたその嘘は、
ことあるごとに痛みを放つでしょう。

その痛みを麻痺させるために、
また自身の感覚を歪めなければ
とてもいられたものではありません。

そうやって、歪めに歪めた在り方で、
どうやって光に向かうというのでしょう。

誰かが憎くて仕方がない。
どうしても許せない。

あるいは、
ずっと誰かに対して後ろめたさがある。
本当は許してほしいことがある。

そんな方は、どうぞその憎しみや罪悪感に
向き直って、しかと対峙してください。

そこに背を向けたままでは、
安らぎはやって来ないでしょう。

今回の講座では、ヒーリングのエネルギーを
ふんだんにかけながら、

心の奥底に沈めた、最も受け入れがたく
認めがたいもの、醜いものをしっかりと
浮上させ、完全な許しと和解にもっていく
ワークを行います。

ポジティブシンキングの対極を行く
アプローチですが、本当に光に向かうには、
それと同じくらいの闇を統合しなければ
ならないのです。

自分の中に、恐れている感情や秘密が
あるでしょうか。

あるのだとしたら、いつまでそれを
抱えて生きますか?

10年先、3年後、来年はどうでしょう?

半年、3か月後は?

今世はとにかくパス!という選択もアリかも
しれませんが、それがいつになるにせよ、
向き直らざるを得ない日は必ずやってきます。

準備のできている方は、今この時に
心に深く刺さったとげを見つめて
完了させてあげましょう。

一人でそれをするのは恐ろしくとも、
あなたに「許しと和解」への意志があるのなら
その心の闇を行く道を、お供致しましょう。

許しと和解は、決して頭で描いた
「許すべき」「和解しなければ」という
シナリオを演じることで成せるもの
ではありません。

激しく相手を傷つけたい衝動や、
胸が張り裂けるような悲しみや
奈落の底に落ちるような絶望を
通過していった先にしか
見えないときもあるのです。

それはあなたが最も避け続けてきたもの
かもしれませんが、その先にこそ、
あなたが求め続けてきた安らぎや平安
が待っています。

そのとき、あなたはその出来事の中に
あった、信じられないくらいの愛を
受け取るでしょう。

恐ろしい、あの辛い出来事は、
溢れる感謝と愛に変容します。

あれは、まさにこの愛と感謝を知るための
学びであったと、あなたはわかるでしょう。

なぜこんな思いをしなければいけないのか。
ずっと問い続けてきたその答えの扉を
今、一緒に開いていきましょう。

私自身、心を整えて参加されるみなさまを
お迎えいたします。

参加される方は、どうぞご自身の最も深い
心の闇に向き合う覚悟を決めて、
ご参加くださいませ。

お申込みはこちらからどうぞ。