ヒーリングゲートは、スピリチュアルヒーリングサロン(東京)です

本文へジャンプ
メイン画像  
ホームボタン 瞑想会・セミナー スケジュール プロフィール サロンへのアクセス お申し込み・お問い合わせ

第332弾 無料遠隔ヒーリングご感想

【ヒーリングの内容】

自身への否定・拒絶の奥にある痛みの感情に気づき、
             受け止めるよう最高最善に働きかける
                           2017/3/8実施

********************************

人のせいにしない・・・というのは、要するに自分のせいにして責任感なり罪悪感なり後悔なりに徒に苦しまないことか?という、インスピレーションが出てきました。

責任を取って処していくことと、責任感なり罪悪感なり後悔なりに徒に留まっていることで責任を取っているように見せることではない、と同時に責任を取りうるべき存在はどこにもいないというか、ただ心身に生じ、起こっているだけというようになっていき・・・全般的に認識が精緻精妙になっていったようで、神経質であったり葛藤したり執着しているという感とは程遠く、強いて表現すると明鏡止水とか則天去私とでもいおう、状態となっているようです。
ありがとうございます。

************************

今回もありがとうございました。

テーマを気持ちに入れつつ、それにとらわれすぎないようにと思いながらワークをしました。
ひとつは軽めのもの、もうひとつはかなり重いものが解放できた気がします。

左の足首から下に重い痺れが出て、その範囲がだんだん広まってきました。
呼吸を送ってしばらくすると、仰向けで倒れている男性になっていました。
白い世界を見上げて死にかけており、左脚は駄目になっています。
意識ははっきりしていて、「ここの光景は素晴らしい。最後まで行けなくて悔しいが仕方ない。人間の身体では行けないのだろう」という感じのことを思っています。
さらに、「もう身体はいらないから、意識だけになって、ここのように素晴らしい世界にもっと行きたい」と願っていました。
死より、その場にいることに感動しているなんて!と、それに感動しかかって飲み込まれそうになったため、いやいや、それって「人間であることへの絶望」じゃん、と突っ込みを入れました。
それでも、しっかり準備もしたし、体力に自信もあるのにこの状態だから、いっそう「意識だけになりたい」と念じています。
私より意思も非常に強かったので、今回は、実際の身体の苦しさと、目的地に到達できなかった悔しさを解放したと思います。
その時は、もっと切実な別の状態がある感じがしたので、改めて体感に戻りました。

痺れは左足全体に広まり、どんどん強くなっているのに、そこからまったく進みません。
数十分続けて疲れも溜まったため、もう今日は無理だと判断し、椅子から立ち上がろうとしたとたん、足先から頭の上まで、ギュルギュルしたものすごい強烈なエネルギーに包まれました。私自身も椅子から落ちて転んだのだと思って自分の身体を触りましたが、椅子に座ったままでした。
同時に、サンダルをはいた小さな少年が、左足を踏み出したとたん、それが起こったのだとわかりました。
少年は全身で、ひたすら「無になる恐怖」を感じています。生きたい、ではなく、有りたい、と叫んでいるようでした。
そこで、身体の複数の箇所に、指差し確認するような感じで呼吸を送ると、出るまでは大変だったのと逆で、とても素直に素早く軽くなっていきました。

ただ、私の方に思考が残ってしまいました。非現実的に強力な死のエネルギーは何だったのだろう?
場所も時代もわからないので、頑張って少年を呼び戻して、洪水? 火山の噴火? 獣に襲われた? もしかして生贄?とまで聞いてみたものの、彼にはわからず、解放された軽やかさに、跳ねるようにして去っていきました。

まだ解放すべきものがあるようですが、今は体力的に辛いので、もう少し先に再挑戦したいです。
そして、2日ほど後「(少年が死んだ時の意識)だから、今も子供のまま。大人になることがイメージできない」という意識をもって目が覚めました。
出てきたふたりとも、今の私に対しては同じようなことを伝えていたようです。

************************

3/8の遠隔ヒーリングをありがとうございました。

この一週間、振り返ると、何かに揺さぶられたという感覚があまり無かったように思います。

もしかしたら、スルーしてしまっているのか、それとも、受け止めることがスムーズに出来るようになったのか、その辺がイマイチはっきりしないところではありますが。。

今後も、何か浮いてきた時には、注意深く受け止めていくことを心がけていきます。

今回も、ありがとうございました。

************************

第332弾無料遠隔ヒーリングを受けさせて頂き、ありがとうございました。

今回も何度かこのテーマについてや、気になっている事についてワークしてみたのですが、毎回眠ってました。最近忙しかったので、疲れていて眠ってしまったのもあるのかもしれませんが、ちゃんと向き合うことが難しくて、眠ってしまっているのかな?と感じています。

今週は生活の中でも、なんとなく核に触れないようにというか、表層部分のみで動いていたというか(上手く表現出来ません…)ちょっと雑な感じで、バタバタと過ぎてしまいました。なんか『おいてけぼりの何か』があるような感覚がありながら、過ごしていたような感じがします。多分今に始まったことではないと思うのですが、今週はなんとなくそれを感じました。

現実的には、自分がやろうとしている事に関する動きがいつもより多い週でした。そしてその中でも、いろいろな事を感じました。

************************

先日のWSから引き続き、過去世の件を掘り下げて行きましたが、
途中でどうも集中出来なくなり、一時中断していました。
そのタイミングで会社で嫌なことが起きたりしたので別のワークをしていましたが、
その会社での出来事が意味していたのは「肯定されたい」→「否定されたくない」→否定される辛さ、というものでした。
それは件の過去世で一番核になる気持ちで、
その人生での私の婚約者は身分の低い自らを否定するために仕事や勉強を必死に頑張っていたのでした。

今回できたのはここまででしたが、引き続きワークを続けたいと思います。
今回もありがとうございました。

またよろしくお願い致しますm(_ _)m

************************

無料遠隔ヒーリングありがとうございました。

最近イライラさせられ怒りが収まらない相手がいて、あまり関わらないようにしてやり過ごしていましたが、自分に向き合わないとまた同じようなことが繰り返されると思い参加させて頂きました。

気付いたことはその相手が過去の自分とそっくりだったということです。今までは対処の仕方が分からずそこで終わっていましたが、今回その痛みの感情に向き合うと「蔑ろにされた」ということが出てきて悔しさや悲しさが出てきました。

KOUさんにお世話になるまでは、嫌な感情は早く手放し無かったことにしていましたが、きちんと向き合うことで心が落ち着き楽になるのだと実感できました。すると他で気になっていたことも気にならなくなったり仕事でも自分のポジションが確立されてきたりと、状況が変化してきました。
自分の心次第でこんなにも変わるのだと驚き、やはり相手ではなく自分なのだと実感しました。
まだまだ始めたばかりですが一つずつ取り組んでいきたいと思っています。

これからもよろしくお願いいたします。ありがとうございました。

************************

8年ほど前から、娘が心を病みました。

その時、自分を好きになりなさい。と、アドバイスしてくれた方があります。
それから、ずっと自分を否定してきた原因を探していました。
コウさんの無料ヒーリングに助けられ、今日に至っています。
つい先日、親しい友が最愛のご主人を亡くされました。厳しい闘病生活の末に。
その友が昔の自分と重なり、自分がして欲しかった対応を友を通して昔の自分にしていました。

娘は、かなり落ち着いてきましたが、しっかり受け止め寄り添って、進みたいと思いますm(_ _)m

************************

ミスをした同僚を注意した時、少し感情的になって反論され、
そのときに感じた衝撃と痛み。
攻撃されたと感じた時の何とも言えない嫌な感覚の波が、胃の奥の方へ伝わってくるのがわかった。
動揺して何も言い返せなかったので、その状態を見ていくと、
事の起こりは、相手がミスをしたときに、「ミスはよくない事、相手は間違っている」と判断したことだった。
そのエネルギーのままに相手に向かったので、相手は反応し、
同じ責めるエネルギーが自分の元に返ってきたのだとわかりました。
自分がジャッジを持っていることで展開したこと。
友達だから反論されないと、どこかで思っている自分もいて、裏切られたように感じショックだったこと。
些細な出来事と思えるようなことも、カケラ君にとっては、大きな衝撃であることも伝わってきました。


自分が失敗したことで、責められ、笑われ、愛想をつかされ、
大好きだった人、信頼していた人に見捨てられ、
去って行かれるときの映像が浮かびました。
永遠に一人なのではないかと思うような孤独感・絶望感を、
呼吸しながら感じ続けると、本当に自分に必要な人ではなかったのだ、
と受け入れられたようで、気持ちが楽になりました。
相手に満たしてもらうものではない、と気付きもやってきました。

相手に反論されたとき、自分にどんな選択があるのか、
もう少し見続けます。

************************

いつもお世話になっております。
332段の遠隔ヒーリングの後のWORKでも様々なシーンが思い浮かんできましたが、どれも深い悲しみが伴うものでした。数日共にしたあるシーンでは、成し遂げたいことが出来ず苦しんでいる男性が登場しました。その男性と対話をしていたところ、脈絡なく「ある人」が突然大きく出てきたのには驚きました。「ある人」と「成し遂げないことができない」の関係性が今回のテーマのカギになるのかもしれません。

いつも申し訳ありません。
感謝しております。
よろしくお願いします。






              目次へ   


   Copyright (c) 2009-2010 Healing-Gate.com. All Rights Reserved.