ヒーリングゲートは、スピリチュアルヒーリングサロン(東京)です

本文へジャンプ
メイン画像  
ホームボタン 瞑想会・セミナー スケジュール プロフィール サロンへのアクセス お申し込み・お問い合わせ

第340弾 無料遠隔ヒーリングご感想

【ヒーリングの内容】

思うようにならない現実によって浮上する不快感を、

     在るがままに受け止める最高最善に働きかける
                         2017/5/3実施

********************************

第340回無料遠隔ヒーリングありがとうございました。
今回のテーマのブログを読んだ時は、息子の病院の脳波検査の結果を聞く待ち時間中に読み、その数分後にてんかんだと告げられ、
思うようにいかない現実、なんでこうなったのか?やはりあの時の自分が悪かったのかなどの思考になり、
今回の無料遠隔ヒーリングを申し込みました。
あたしと息子の出産は自分的に思い通りにいかず、納得しないままずっと不快な五年間を過ごしていたので、
息子が、左利きなのもあの出産の時が原因なのかもくらいに考えるくらい、満足した出産をしなかったので、
関係ないにしても、てんかんだと告げられたときは、
出産の時が原因かもと思って自分を責めてしまいます。
出産が思い通りにいかなかったとゆうのは、
産まれそうだとあたしは言ってるのに助産師さんはそんな早く産まれないとそばについてくれず、
波が来た時に勝手に力んで破水をしてしまい(上の子供の時は助産師さんが、破水をしてくれたのにとゆう思い)
あの時、酸素が足りなかったのかな、辛い思いを息子にさせたのかも、
破水をした言ったのに助産師さんはそばにきてくれなかったこと。
その後に波が来て勝手に力んで産まれたこと。
産んだかも言ったら、破水じゃなくて?と助産師さんにゆわれたこと。
さっき破水した言ったじゃんとおもったこと。
でもなんかもぞもぞしてますゆったら、
慌ててきて急に焦り出して足を上げてと叫んできたこと、
産んだ後呼吸が荒いとかやらで小児科に連れていかれたこと。
すぐに会えなかったこと。
このような出来事をもやもやしたまま五年間過ごしていたから、
てんかん発覚した月曜は、
あの出産のとき、自分がもっとしっかりしていたらとおもったりそうゆう思考がぬぐえません。


自分は瞑想を毎日していないですが、
たまに瞑想をしようかなと思い、
kouさんに教えてもらったやり方で、上下に柱を降ろそうとすると大抵はすんなりいくのですが、
今回はなかなかおりませんでした。
つながりたいと強く思い改めてみたら、柱が下りたような気がしますが、
普通に目をつむった時の色以上に真っ暗なところにいきました。

直感で、胎内かもと思いました。
そのあとに、会いたいってワードがでてきて涙がでてきました。
その後に少し苦しいような体力消耗みたいな感じになりました。

出産の時のこと以外にも、妊娠中に上の子供のことばかり頭がいっててお腹の中にいた息子に向き合っていなかったこと、
息子の名前を旦那に決めていいよと丸投げしていたことなども、あの時、、、みたいな感情があります。

ワークした次の日朝起きて、息子とおしゃべりで、
ママのことさみしいと思ったことある?きいたら、
お腹の中で思ったと言ってきました。
お腹の中でとゆうワードはあたしは一言も言ってないのにとびっくりしました。
これはあたしの妄想ストーリーなのかそうではないのか判断できませんが、
自分が目をつむった真っ暗闇なところからの会いたいのワードと体力消耗の感覚が、
息子の胎内の記憶なのであれば、
辛いやら怖いやらの不快な気持ちは全くなかったので、
安心しました。

ありがとうございました。感謝です。

****************

いつもありがとうございますm(_ _)m

前回はカナリ苦しみましたが、その分今回は、落ち着いて浮上する不快感を受け止める事ができました。
以前の私だったら、きっとカリカリしていただろうなぁ…。
心なしか、目つきが穏やかになってきたような気がします。

ありがとうございましたm(_ _)m

****************

お世話になっております。
遠隔ヒーリングをありがとうございました。

連休で実家に滞在していたところ、感情解放どころか全く気持ちが集中できず、それがとても不快になっているタイミングだったため、受けさせて頂きました。

ヒーリングを受けたあと、少し落ち着ける時間があったのでワークしてみました。
が、体感自体が出てこないまま時間が過ぎていき、階下で母親がたてる物音がしたとたん、猛烈にイライラしてきました。
もともと母親が苦手なのですが、性格や言動のみならず、気配さえ駄目なんだなと改めて実感し、ここで焦点がはっきりしました。

母との関係性をあれこれ掘り下げてみた翌日、母の態度が一時的にでも軟化するのがわかりましたが、感情解放自体は進みません。
体感も出ないところで、また彼女のたてる生活音が響いたとき、自分であろう胎児の姿が見えました。
かろうじて頭や手などはあるものの、胸のあたりから下はペラペラの紙切れのようです。しかも縞々というかまだらになっています。
胎内にいる頃から意識と身体がバラバラで、感情としての身体の一部はどこかにいっていたんですね。
誘導瞑想でも、実は「おへその奥」がピンときていない理由もそのあたりにありそうです。

姿が一瞬見えただけだったので呼吸を送ることができず、とりあえず現在の自分のお腹から下あたりを意識することにしました。
私にとって、胎内にいた時の感情のカケラは相当重要なもののようですが、まだ出てきていません。
受け止める力がアップして、できるだけ早く会えることをイメージしています。

****************

遠隔ヒーリング有難うございましたm(__)m
エネルギーを頂いて直ぐの感触が不思議なので、とりあえず打って保存することにしました。
遠隔を受ける前日に、知人の未知の側面を知りました。その時は何とも感じなかったのですが、エネルギー受信後、恐怖心があったことが発覚しました。法に触れるような行為を面白おかしく話す知人の冷酷さを聞き自分も傷つけられるのではないかと、被害妄想をしてしまいました。
私も持っている側面なんだととらえましたが、肉体的にも精神的にも疲弊しきっていて、ワークに取り組む気力が出てきません。
生活困窮の現実を自分で産み出していることも、体感では自覚出来ず、頭でりかいしている状態です。
それをはっきりとさせてくれたのが今回のテーマなのだと思います。
自分を見捨てず、自分の歩幅で寄り添って行きたいと思います。
いつも、有難うございます
感謝デス(^^)/

****************

今回はワークをした時には、過去の色々な場面が出て来ました。感情が浮上することはなかったのですが、そう言えばあんなことあったなぁ。とても傷ついたり、どうして⁉︎と、神様に何度も問いかけていた事があったなぁ。などと、色々と思い出しました。ワークではそんな感じで、感情を感じる事は出来なかったのですが、日曜日のブログの
『試しに今、自身が最も受け入れ難いと感じている側面に、じっと直面(向き合う)してみてください。そしてどう感じるか、よく観察してみましょう。』という部分を読んだ後、感じてみたら、とても哀しく、がっかりするような、絶望感のようなモノが胸の辺りに感覚がありました。後で時間を取り、改めて感じてみようとしたのですが、受け入れたくないからか?その時のような感覚は感じられませんでした。

現実の生活では、2年越しの願い事が叶いました。タイミングなども、流れに合っている感じがあり、ちょっと驚いています。(その事に付随して、ちょっとしたサプライズもありました)今回の事で、自分が感じる事をもっと信頼したり、大きな力に心を開いて行けるようになりたいと思いました。

****************

先週のヒーリングもありがとうございました!

思うようにならない現実によって浮上する不快感を改めて
感じる機会がありました。大したことではないと思われる
ことがきっかけで、再認識するに至りました。しっかりと
受け止められたとまでは残念ながら言い切れませんが
(相当腹が立って感情をあらわにしてしまったので)後で
妙に納得しました。きっとヒーリングのお陰だと思います。
本当にありがとうございます。

今後ともよろしくお願いいたしますm(__)m

****************

まだワークは途中となりますが、感想です。

先日のセッション後は身体が軽く、体力の消耗がないどころか気力が湧いて来て、
GW中はこれまで後回しにして来たことにいくつか手をつけられるようになりました。
彼にLINEしても久々に返信があったりと、効果を実感していました笑
近づくことが出来ない辛さもかなり和らいでいました。

そしてワークを始めたら、セッション中に浮上し切れなかったストーリーや感情が出て来ました。

その人生での私は劇団に入るまで天涯孤独の身の上で、心を開ける人は誰一人いませんでした。
周囲の人たちが家族や友人、恋人と仲良くしているのを眺めながら「私には無い」と思っていました。
そんな時、彼から届いた手紙には正に自分が欲しかった言葉があって、読み終えた瞬間涙が止まりませんでした。
一方の彼もほぼ同じような身の上で、舞台に立つ私は「自分の持っていないものを持っている人」でした。

恋人関係になってからは、暇さえあれば一緒にいるような密着感のある関係でした。
お互いが自分にないものをお互いの存在で埋め合わせようとしている関係で、
ここまで来て、自分で自分を満たすことが必要だと気づくに至りました。

今回はここまでとなり、この先を進めて行くにはまだ時間がかかりそうです。

****************

あるがまま、にいられるように意識したこの1週間だったかな、と思います。
日曜には、数年行き来のなかった母に連絡し、今日は父にも電話をかけました。
2人とも、理想からは遠い反応でしたが、おそれていたほどのひどいことはまったく言われず。
母に電話したあとも、父に電話したあとも、涙があふれてきました。
被害者にならないように、糾弾者にならないように、ただあるがままを受け止める、としばらく思っていました。
『幸せを数えよう』と思いました。
悲しみや苦しみを見ないように…ということではなく、この状態でも幸せなのだ、喜ぶべきこと、嬉しいことはあるのだ、それが見えない目になってはならない
そんなことを思いながら、泣きながら家路に着きました。

泣いてもいいし
叫んでもいい
喜んでもいい
悲しんだっていい
自分とともにいて
どこかへ行ってしまわないように…

心屋仁之助さんの本を最近よく読むのですが
大変なときに『さー、おもろなってきたで!』と思うんですって。
『おもろなってきたで』とつぶやいてみると
なんか心が軽くなって 笑顔になる
暗い夜空では 見上げて 星を数えよう
そう思ったのです

最近 入浴の最後に 水シャワーをするのですが
『わー水だ、冷たい、きゃー』とか思わず、ただ浴びる。という練習をしてます。
暖かくなってきてるし、あまり抵抗ないのですが、【身構える】を外すいい練習だな、と思ってやっています。
ありのままを受け止める練習になるかな、と思って。

そんなところです。
今週もサポートありがとうございました!

****************

身体の疲労感・しんどさが抜けない日が多く、寝込むこともあるので、
カケラ君の声を聴こうとしましたが、がっちり固まってヘトヘト。
声を聴こうにも、心は閉じたままで開く気配もありませんでした。
呼吸も浅く、どんなに深い呼吸をしても、気付くとまた浅い呼吸に戻ってしまうので、
そのしんどさにただ心を開いて共に在ることだけ決めて、横になっていると、
カケラ君の気配を感じられるようになりました。

そして、たくさんの声。

体調が悪くても我慢するしかない。
体調の悪い自分は、ずっと無き者として扱われてきた。切り捨てられてきた。
一度も寄り添ってもらったことがない。
体調が悪いことを、何かの言い訳に使われてきた。やっかいもののように扱われた。
自分なのに、自分として扱われなかった。自分で自分を切り離し、見て見ないふりをされた。
体調の悪さが続くと、自分がどうなってしまうかわからない不安。
この体調の悪さは、どこまで行けば治るのか?いつまで続くのか?
先の見えないトンネル。出口のないトンネル。底なし沼のようなしんどさ。
もし、体調の悪い自分を受け入れると、元気な自分の足を引っ張るという恐れ。

弱い自分。情けない。こんな弱い自分は自分じゃない。歓迎されない。
こんな状態を人に知られたくない。仲間外れになる。置いて行かれる。
疲れて休むと怠け者だと思われる。だから隠したい。
人の迷惑そうな視線を見たくない。
だから、元気な振りをしなくては。

いろんな声が聞こえて、動けない。動かない。
どうすればいいかわからない。

私は、今まで、この声を、まともに聞いたことがありませんでした。
弱っていても手加減しない厳しさ。
元気な時と同じ仕事をさせるのです。
それは、自分に対してだけではなく、他者にも求めていることでした。
だから、休む人を見ると腹が立つのです。自分が自分に無理強いしているのに、他者はしないから。

自分の厳しさは、そうしないと、他者から何か言われるから。
そうしないと他者に怠けていると思われるから。
そう頑なに思い込んできたのです。

私は、今までずっと、自分の体調より、他者にどう思われるかを、優先してきたのでした。
自身に対して、私は加害者以外の何者でもないと気付いた時の衝撃。

でも、わかったのです。
自分がどう生きてきたのか。
自分に何をしてきたのか。
何故、苦しいのか。
何故、何度も繰り返してきたのか。

自分の内なる声を無視して、苦しくないわけがないのです。

不快感の訴える声に耳を傾けていると、
不思議と穏やかな気持ちになるのでした。
初めてこの子たちの声を聞くことが出来たからでしょうか?
また闇の中に光を見た思いです。

KOUさん。ありがとうございました。

****************

買い物をして返品をするということがありました。
初回の帰宅途中に、ふーんそういうこと、と別件で納得のいく出来事があったり、
返品時に別のものを購入しようとしたものの、どうもしっくりかなかったので、
とりあえず、その日はあきらめたのですが・・・
その途端に帰路で・・・ちょうとピッタリしたものが入手できた、
ということとなったりと、表層の思惑を超えた要素が多々観られましたが、

狐につままれたような・・・というか、拍子抜けというか。
もう少し重いテーマがとか、深遠な気づきが・・・
としばらく待ってみました所、
未知と邂逅したり、様々な状況で自分はどうするであろうか?
ということに甚だ興味が・・・というか、おもしろい!さあ、どーするか?
といった感じになることが多かったと振り返り。

どうも表層的な欲求なり、安全で安心なだけの様々より、
思い通りにいくだけの人生より、そうでない人生が面白いし楽しいから?
というあり方を思い起こし(主体的な受容性と変容性?とでもいいましょうか)

意外と全般的に通底しているテーマでもあるので、
何かこう・・・世の人の忠告、その他様々に・・・
会社で言えば何かあっても誰かが責任を引き受けてくれる安心感?より、
自分なりの試行錯誤を繰り返して、実感、納得していくという志向性がるか?と。

前提として、とやかく文句を言う筋合いもないし、言われる筋合いもない?
という人であったか?と、改めて再認識をすると同時に、

どうも腑に落とすだけでは不充分な感じというか、
臓腑の一部とし髄液や血肉と化して循環させ、行為と汗水にして体現を・・・
等々の志向性が鮮明に現れてきました。

ありがとうございます。






          目次へ   


   Copyright (c) 2009-2010 Healing-Gate.com. All Rights Reserved.