ヒーリングゲートは、スピリチュアルヒーリングサロン(東京)です

本文へジャンプ
メイン画像  
ホームボタン 瞑想会・セミナー スケジュール プロフィール サロンへのアクセス お申し込み・お問い合わせ

第344弾 無料遠隔ヒーリングご感想

【ヒーリングの内容】

自身の認識・感じたことを解釈しないで受け止め、

  起きてくることを体験するよう最高最善に働きかける
                         2017/5/31実施

********************************

何事もない一週間だったなと今まで過ごしていたような日々が、ワークすることにより、自分の気持ちに気付いたりしました。

例えば、運動会の毎日の練習で疲れてる娘を遅刻させました。
規則の時間より今の体調を優先させました。
先生からの返事は、
疲れもあると思いますが。
とゆうもので、が の違和感はほっといたままにしてました。

ダンスの発表会で、練習をいやがる息子に振りを完璧に教えこまず、発表会当日を迎えました。
前まえからお友達には、うちは練習させてるとか自分が一緒に踊って練習させてるとか聞いていて、練習させてる?と聞かれたり、
せめられてる気持ちを感じたりしましたが、
ほっておきました。

今までなら自分に甘いよなーで済ませて日々送ってました。

ワークしたら、
担任ではなくダンスのお友達がでてきて、練習させてないことの攻めの感情を感じましたが、鏡の法則で、自分自身を攻めてるのだなと思います。

自分の甘さのことを引き続きワークしていきたいと思います。

ありがとうございました。

************************

お世話になっております。
遠隔無料ヒーリング、ありがとうございました。

ヒーリングを受けた日から2回目のワークで、数ヶ月前から時々出ていた体感からの感情解放ができました。
その体感は、膝から下が実際より前にあり、棒のようになっているというものでした。
どうやら、それが出てくるたびに「何で棒なんだろう?」と思考してしまい、「棒」のイメージが定着して解放を止めてしまっていたようです。

実際には棒などではなく、過去世と思しき自分が、つま先立ちをして動いていただけでした。
足の感覚に呼吸を送ってしばらくすると、鮮やかな色の衣装を着た女性の足元が見えました。すっすっと歩いていたのが、急につま先立ちをして、回ったりステップを踏んだりします。家事の途中で、お祭りで踊るダンスの練習をしています。
外に出ると、きれいな空が広がっていて、とてもさわやかです。当時の私は、そんな日常が大好きだったようです。

でも、次のシーンでの私は、馬の前で号泣していました。細かいところまではわからなかったものの、仕事か何かで馬に乗って遠方に出かけた夫が、事故に合って命を落としたようでした。そして、乗っていた馬だけが戻ってきています。

地面に伏して泣き叫けぶ自分の悲しさや絶望を受け止められました。同時に、うまく表現できないのですが、彼女は嘆き悲しみながらも、どこかで「馬が帰ってきて嬉しい」「空や風が慰めてくれているようで嬉しい」と感じていました。夫を亡くしたのだから、そんなことを感じてはいけない、という気持ちも、受け止められたように思います。

これまで、悲しい境遇にあった過去世と思しきものが出てきたら、怒りや悲しみや絶望などが200%!という感じでしたが、今回初めて、そうした微妙な感覚がわかりました。
出てきた感情を、ネガティヴなものだけだと「解釈」してしまっていた自分も少しだけ解放できたようです。

また、体感覚は、必ずしも危機的というか決定的な瞬間のものが出てくるわけではないことも実感できました。今回は、彼女が慣れ親しんでいる踊りの感覚が出てきたわけです。
自分の体感覚そのものを信じることは、本当に大切ですね……。
何度も出てくれたのに「棒」と思われてしまっては、「ああもう、また出たよ、思い込みが」という感じだったでしょう。

いろんなパターンを体験していくことで、少しずつ進んでいければと思います。

************************

先週のヒーリングもありがとうございました!

ここ数週間、寝不足と体調不良が続き、これまでの自分では
考えられないようなミスばかりしています。自分だけでなく
周りも呆れるほどなのですが、以前ほど落ち込んだり、自分を
否定することは無くなっているのを感じています。

きっと自分が何を認識し何を感じるか、という先週のテーマも
この気付きに一役買っている気がします。本当にありがとう
ございます(*^_^*)

今後ともよろしくお願いいたしますm(__)m

************************

今回も数回WORKを行い、興味深い内容が見えてきました。これまでの自分だったらな
かなか受け付けられない内容でしたが、不思議とすんなりと受け止められたように思
います。また少しずつですが、確信に近づいているのかなと感じ始めています。

************************

今回のテーマも惹かれるものがあり、気づくと手が勝手に申し込んでいた、という感じです。
悲しみの感情に対しては、そのまま受け取り、感じるままにしておくことができるようになってきたと思うのですが、(表面そう感じている)怒りに対しては、こんなことで怒るのは大人げないのではないかとか、頭でつい抑えようとしてしまうことがあるようです。
また、自分の弱みを見せられたと感じる出来事に動揺する自分を、かなりはっきり意識しました。そんな時も、その感情を受け取りきれず、頭でこういうことだ、と解釈して収めようとしてしまったり…。
今回のテーマで、そんなことを再認識しました。
ありがとうございました。

************************

前回の無料遠隔ヒーリングで、判断しなければ前に進めない自分に気付かされました。
そして今回のテーマを見て、まるで続きのようなしっくりくるテーマでした。

自分が嫌だと思っている事が、かなり浮き彫りにされました。
私は人にいいようにしか利用されないと、解釈しているようでした。
その時の嫌悪感をなるべく切替えさないようにして、
ただそう感じているんだと意識を向けてみました。
押えきれない怒りを感じました。
自分の望みは常にはかない、やりきれなさが溢れてきました。
悲しくて、ここではないどこかに無性に帰りたくなりました。

解釈しないで、ただ受け止める
そんな事をしてしまったら、自分がなくなってしまいそうです。
それに必死に抵抗して、痛みを抱えこんでかたくなになっている体を感じました。
その事に気付くと、こわばっている体が少し楽になりました。
せっかく気付いた痛みなので、もうしばらく自分に寄り添っていたいです。

どうも有難うございました。

************************

あれから、どう感じているかですが

自身の認識・感じたことを解釈しないで受け止め、起きてくることを体験するよう最高最善に働きかける

このことから、何も考えないようにしていました。
今を感じるというのをやっていた感じです。
わりと、今、をしていたかもです。^_^
そしたら、わかったことは、
KOUさんがこの前のワークで体で感じてないとこありませんか?って聞かれたとき、
ありませんってその時はそう思ったのですが、
やはり、お腹に物凄いものがたまっているみたいで、それが、頭にギューってなっている原因と気づきました。
しかし、お腹を感じようとすると、心がものすごく疲れて嫌がるので、いまのところ、
そのままにしてあげています。
もちろんそのうち迎えにいきます。
今朝夢をみました。お腹に、謝ることがある?
みたいな夢で、うーん、、、
早く迎えに行って楽になりたいけど、行くのが気が重い、、そんな感じです。

あまり考えないようにしていたので、そんな感想です。

************************

今回は、数年前にとてもショックを受けた時の光景がいくつも出て来ました。その時の感情を感じるというわけではなかったのですが、その頃あった出来事の場面が沢山出て来ました。思い出そうとする感覚は全くなく、自然とその頃の光景が次から次へと出てくるという感じでした。しばらくの間、そのまま眺めるような感じでいたのですが、いつの間にか眠ってしまったようです。

実際の生活の中では、自分があまり好きではないは人との関わりがあり、その人の姿が見えただけで、なんとも言えない不快感がありました。ある程度はその不快感を感じ、受けとめたようではあるのですが、少ししてから何かしらの解釈をしてしまっていました。やっぱり長年やって来た癖が染み付いているのだなぁ…と、少し時間が経ってから気づきました。今後も意識して、解釈しないで受け止めるという事には取り組んで行こうと思いました。

************************

比較的穏やかな日々を過ごさせていただいています。
今まで、解釈して対策を考えることが当たり前になっていたため、少し戸惑いました。
でも、大きな出来事が無かったお陰でドッシリと腰を落ち着けて居られました。

世相を嘆き愚痴のようなメールを再三送信してくる友人がいるのですが、丁度のタイミングだったなぁ~と、ある意味感謝しています(*^o^*)

************************

解釈しないで、ということ自体が初めてだったかもしれません。
自分の捉え方は、いつもジャッジと決まっていたのだと知りました。
週末の仕事を終えると、どっと疲労感。
自分が~したからだ、とか、あれがいけなかったんじゃないだろうか?
と、思考がジャッジを始めたことに気付いたので、
どよんとした身体の疲れと、背中や肩に重いものが乗っているような感覚に意識を向けました。
命の呼吸を繰り返した後、疲労感のある場所から、自分を見てみると、
正面から向き合っていないことがわかります。
もし、この疲労感を受け入れたら、自分まで引っ張られて身動きとれなくなってしまう、という恐れ。
どう扱っていいかわからない混乱から、避けていました。こちらにも命の呼吸を繰り返し、
身体を見られるようになり、身体の声を聴き続けたら、解決策を探したり、何かをしてほしいわけじゃないこと。
この辛さをわかってほしい。このしんどさを、受け止めてほしい、ということがわかりました。

身体の重さ。しんどさ。
そこにあっては困るものでした。自分の身体なのに。
この身体で生きていくのに。
誰かのせい。何かのせいにしてきたのです。
受け入れることが、ずっと出来ていなかったのです。
切なる声に、自分のしてきたことを見つめています。
自分で自分の身体を守る。
そこに至るプロセスがもう少しありそうですが、
今は、身体の声を聴き続けています。

遠隔ヒーリング、ありがとうございました。

************************

週の前半、自分にとって不快な感情(不安、怖さ)を思考分析、まさに解釈して納めようとしていることに気付きました。きっかけは怒りの感情が吹き出している人と仕事をしているときです。自分のせい?あれをしたから?とにかく怒りを静めなくてはと思考が走ります。
抜けるまでしばらく時間が掛かりましたが、自分を切り捨てずに感じることが出来ました。
後半には初めて会う人、いつもお世話になっている人からありがたい話を聞く機会がありました。今まで暖かい言葉や気持ちもそのまま受け取らず歪んで解釈していました。
辛い気持ちばかり受け取り勝ちでしたが、嬉しさや楽しさといった気持ちもこんなにたくさんあったんだと気付きました。
そのままの感情を自然に感じて行っても大丈夫と、だんだん思えてきました。ありがとうございます。

************************

5/31(水)、無料ヒーリングを受けました。
2回目になります。
体感はなかったのですが、気持ち的に、少し楽になっているように感じます。
ヒーリングのおかげなのか、時間の経過のせいなのか、半信半疑の自分がいます。
私の意識、私の感情、それがどこから来るのか、なぜこんな風に感じてるのか、ヒーリングを受けると感情も変わるのか、その私の思いはどこにいくのか・・・。
よくわからないまま、受けています。

************************

遠隔ヒーリングの感想です
有難うございましたm(__)m
今回は特別な体験となりました
この日の前日に父が亡くなりました
当日は悲しみに暮れるより、お別れ前に早く会いたい気持ちでした
翌日早朝に出発して、冷たくなった父に会えたのが午後でしたが、表情は動かないものの私を待っていてくれたように感じました

姪っ子等身内が久々に集まり温かい時間となりました

安らかに眠る父の表情は、喋りだしそうで、微笑みも浮かべそうで「生きてるよ」と起きて来そうでした

沢山話したかったことがあったのでしょう、私も同様に遺品の写真を見て、聞きたかったことが沢山出てきました

戦争体験を切り抜け、母と一緒になり、私をこの世に送り出してくれたことに
感謝します
私の父でいてくれて有難うございますと

***************************

人間は情報と物語の双方をバランスよく必要としているか?という感じになりました。結果とプロセスと言ってもいいかもしれませんが、諸事情報として捉え、なにがしかの記号的な自己批評を加えるのが近現代の風潮か?というのは、バブル以前よりの傾向でしょうが、主観性と主体性の放棄が生じやすい環境という点では、人為的な情報量の多い都市であろうが、伝統的な観念と固定的な人間関係が継続しがちな地方であろうが、閉鎖的な諸集団?(宗教組織から大学のサークルに至るまで)であろうが、再度留意すべきか?と改めて認識することとなりました。

ありがとうございました。


          目次へ   


   Copyright (c) 2009-2010 Healing-Gate.com. All Rights Reserved.