ヒーリングゲートは、スピリチュアルヒーリングサロン(東京)です

本文へジャンプ
メイン画像  
ホームボタン 瞑想会・セミナー スケジュール プロフィール サロンへのアクセス お申し込み・お問い合わせ

第345弾 無料遠隔ヒーリングご感想

【ヒーリングの内容】

自身の内に抑圧している憎しみを認め、告白し、

         統合するよう最高最善に働きかける
                         2017/6/7実施

********************************

6/7(水)、今日3回目の無料ヒーリングを受けました。
30分ぐらい経ってから、足先があたたくなったような気がしました。
涙があふれてきました。どういう感情で泣いてるのかわかりません。感動したわけでも、幸せを感じたわけでもないのです。
わからないのです・・・。涙はまだ止まりません。

***********************

今回の憎しみに対してですが私にとってなかなか認めるのが怖い問題の一つのようです。

憎しみを持っている自覚がある私は、何か大きな憎しみがあるのだろうと、また、頭で考えてしまいました。
ワークの注意点をすっかり忘れてしまい、また、考えて結論を出そうとしていました。

なぜ、そうしてしまったかと言うと憎しみを感じる事の恐れがあります。

また、そこで色々と考えてしまったのですが、一度憎しみや恐れというのをあまり考えずに呼吸だけに集中してワークをしてみました。
浮かんだ情景が、ありました。

四歳位の時に、父に叱られ右の太ももをとても強く叩かれた記憶がよみがえりました。
その後、家から放り出された記憶です。

手のひらの後がついたので本当に痛かったです。
叩かれた太ももに意識を向けて呼吸をしました。当時は、大きな声で泣いていて意識がとんでましたが、太ももから離れないようにしてみると恐れ、悲しみ、悔しさ等ありました。
その感情を更に感じると憎しみがありました。憎しみの感情は、胸の奥に固まっていました。
当時の父親に対話してみました。子供のしつけ方を見直すべきだと。父親の意識にも入ってみました。子供の育て方が分からないという気持ちでした。

小さな私と父親に呼吸を流しました。
とても、静かな現場になりました。

ここまでの状態に時間がかかってしまい、ワークのチェックまで出来なかったので、続きをしていこうと思います。

ワークの中で憎しみを胸の奥に見つけましたが、そのケアをあまりしなかった事に気が付きました。

KOUさんから、「感情の輪郭をとらえる」と教えて頂きましたが、ワークを振り返ってみると「なるほど」と思いました。

私は、カケラを見つけても寄り添う事がまだ足りてないので少しずつ意識していこうと思いました。
色々気付きがありました。
今回もありがとうございました。

***********************

おはようございます。
遠隔ありがとうございました。

次の日の木曜に、会社で怒りがありましたが、
比較的早く建設的に収められました。
昨日ワークがやっと出来て、毎朝の腹痛について、少し触れられた気がします。

いつもお腹をかばっているのは、殴られたことがあるからのようでした。

月初は忙しくて腹痛と頭痛がひどかったのでワークも眠ってしまったりで、なかなか入って行けず、、嫌がってばかりいないで、そろそろちゃんとワークしないとなといった感じでした。

カケラが首を長くして待ってました💦^_^

ではでは
ありがとうございました。
また!!

***********************

第345弾無料遠隔ヒーリングを受けさせて頂き、ありがとうございました。

今回は日常生活の中で、憎しみということに限らず、いろいろな思いが浮上しました。ある程度自覚はしていたけど、改めてその事を認識し、告白している自分がいました。

ワークの時には、とても重たい感じがあり、胃が痛かっり、頭が重かったりという感じと、なんとも言えない虚しさとか、がっかりする感じとか出て来ました。命の呼吸を送り、その体感覚は少し軽くなった感じはあるのですが、日常の中での気持ちは、なんとなく重い感じが残っているというか、まだまだ出て来るという感じがします。

***********************

今回のテーマはとても苦しく、抵抗のある部分でした。
向き合えず無意識に逃避してしまい、なかなか取り組むことができません。
憎しみが自分の中にあることを認めることが出来ない自分と寄り添うことから始めました。

まさに「動揺していたり、罪悪感に駆られていたり、逃げていてまったくシャットアウトしてしまっている」自分がいます。そんな自分に対して失望し、憎しみを向けてバランスを崩してしまい勝ちです。
どうにも、憎しみがあることを認めることが精一杯の一週間でした。正直、向き合うことが嫌でたまりません。

いまの自分の状態がスタートライン、せめてこの事を認めて歩んでいきます。

***********************

先週のヒーリングもありがとうございました!

覚悟はしていましたが、憎しみなどのネガティブな感情を
自分のものとして受け止めるのは精神的に辛いものだと
改めて感じています。でも言えるようになってきたことで
相手に伝わるようになったのではないかと思っています。
言わないと分からないものなんですね…

今後ともよろしくお願いいたしますm(__)m

***********************

エネルギーを送っていただき、
翌日は、雲が晴れたように感情に向き合いやすくなったように感じていました。
しかし、段々雲がより重く
何も考えられない様な状態が続き、体調もあまりよくなく
カルマの重さを感じていました。
自分で思っているより、抵抗が強い様です。
焦らずじっくり、自分と向き合って行こうと思っています。

エネルギーを送っていただいて、改めて気付かされました。

ありがとうございます。
感謝です♡

***********************

感情的に反応する人がいて、その時の自分の感情を見ると、
あなたが私の大切な人を連れて行く。奪っていく。
独占したかったし、自分だけを大切に思ってほしい、と願っていたこともわかる。
それが、あなたのせいではないとしたら・・・
振り上げたこぶしを、どこにおろしたらいいのかわからなくなり、強烈な痛みが胸に起こります。
それ故に、奪われたことへの憎しみ、痛みと悲しみが、強くあるのがわかりますが、
そこから先が、どうにも開いていかないのです。
憎んでいると何度もつぶやいています。
でも、その人を目の前にすると、憎しみだけじゃない感情(可愛いと思うときもある)
もあり、憎しみがその場では消えてしまう。
憎いと思ったことが遠ざかってしまう。
ワークの途中ですが、憎しみに対して、憎みきれない何かが前に立ちはだかっているようです。
「憎む」ということを許可しているつもりで、まだ許可できていないのかもしれません。
次のヒーリングに持ち越して、見続けます。

***********************

第345弾の無料遠隔ヒーリング、
どうもありがとうございました。

初めてのサロンでのセッション、
その後の無料遠隔ヒーリングと自分で行うワークを経て、
今回のテーマで一段階進めたような気がしています。
想像もしていなかった神への不信を見つめたことから、
完全に無いことにしていたパートナーへの不信にも気づけ、
ようやく今回、周囲の人物への憎しみを告白するに至りました。

ジャッジしてはいけないことはわかっていますが、
憎しみを口にする自分を、寂しい気持ちで眺めています。
感情を価値判断せずに統合する、というのが難しいですが、
地道にワークに取り組んでいきたいと思います。
ありがとうございました。

***********************

今回は…
何だろう、ブロックしているんだろうか?
号泣したりとかの大変な解放が起きたとかはなく、『ああ、いいなあ、ステキだなあ、楽しいなあ』がすごく主でした。

間も無く離婚する主人とのことも、何だろう、感謝して次のステップに進める感が高まっていて。

『不機嫌なわたしがもう耐えられない』という理由で離婚されるのですが、いまのわたしは不機嫌からすごく遠いところにいよう、と自主的に最大の努力をしていることに自分で驚いています。
今日も、仕事中に真顔になっているのに気づくたび笑顔を浮かべるようにしたり。
ちょっと前までは考えられないこの自分の反応。
主人と一緒の生活のままでは、できなかったことなんだな。
いつの間にか皮がむけていく自分、な感じです。
そういう自分になれていることが喜びです。

だいぶ、解放するのがうまくなった、ということなんだろうか…どうなんだろう…
憎しみ、というか、『こいつをギャフンと言わせてやりたい!』という思いはあるなー、とか、わりと素直に思えました…

憎しみ。
どうなんでしょう。
今回は、ほとんど見えなかったです。
次回また出会うのかな。
いずれにしても、憎しみも笑顔で抱きとめられたら、と思う今日です。

***********************

憎んでいる…と思っていた事より憎んでいる事があるのに気づきました。

事の重大さからしたら、逆なはずなのですが…

今までのヒーリングを受けさせて戴いていたからの気づきでした。

それを認めてからの統合への道のりは… まだまだ途中ですが、継続してワークしていきたいと思います。

気づかないで、そのままにしているカケラ君たちを迎えに行き続けたいと思います。



          目次へ   


   Copyright (c) 2009-2010 Healing-Gate.com. All Rights Reserved.