ヒーリングゲートは、スピリチュアルヒーリングサロン(東京)です

本文へジャンプ
メイン画像  
ホームボタン 瞑想会・セミナー スケジュール プロフィール サロンへのアクセス お申し込み・お問い合わせ

第348弾 無料遠隔ヒーリングご感想

【ヒーリングの内容】

制限や義務を外したときに純粋にやりたい、楽しいと

  思えることに自分を共鳴させるよう最高最善に働きかける
                         2017/6/28実施

********************************

今週も遠隔ヒーリング有難うございました

将来こうなっていたい、と漠然と思っていたのですが、フッとその「将来」って今この瞬間から始まってるんだなと感じました
1年後同じ日に同じ事をしていても、同じではないんだと

この1日は2度とないと、それを思ったとき、体の真ん中に太い温かなエネルギーが宿っていました

エネルギー受けて(木)の夜くらいまでは、ダルさや、なぜかやる気がなくなり、明日は仕事休もうとさえ、決めていました

身内の始めようとしていた仕事が頓挫したり、仲違いしてる知人の事でストレスを感じたり、お財布は相変わらず厳しいし、神は次から次と、手を変え品を変え、私を試してくるんだなぁとため息さえ、出ていました
(金)になり、駆り立てる声に押されて、ワクワクしたエネルギーが体を巡りました
休もうと決めていた仕事にもシブシブ起きて準備を始めました
力んでいるわけではないのですが、鳩尾のあたりに躍動感があり、仕事を始めるととても集中していました

「満たされている」感があり、なんて充実した時間だったのだろうと思いました

警戒していた人とスンナリ話せたり、帰り際はお得な事があったり
振り返ると、目には見えませんが、沢山のサポートが居てくれて、愛を受けとる抵抗がなくなっていました
私が泣いても笑っても、変わることなくいつも側にいてくれる存在があること

私は愛を受け取っていい(^^)
遠慮しなくていい、そして楽しんでいいと

ハートのつかえが剥がれて、許可が沢山出来たように思えます
KOUさん今週も有難うございました(^^)/

**************************

楽しいと思える事をしていない。
今の私は何が楽しいのかわからなくなっています。
何とか探してしがみつきたいくらいの気持ちもあってか、
コレとはっきり言えるものはありませんでした。
ただ、こうして瞑想したり、自分に向き合うことから離れられず、
シンドイと思いつつも惹かれるのは、
自分にとっての成長の道だからではないかと、
今日のブログの天命について書かれたことを読んで、
妙に納得しました。

**************************

何だかもやっとしてスッキリしない日々を過ごしていたので、
今回のテーマは見てすぐ受けたいと思いました。
具体的にやってみたいと沸き上がってきたことが、2つでてきました。

1つは仕事に関係していて「上手くいってもいかなくても、楽しそうだからやってみよう」と思えました。
それに関わるでき事はこの1週間で上手くいかなくても、とてもワクワクする方向に向かっています。

1つは恋愛に関する事で「どうやってもうまくいかないから、早くあきらめてしまいたい」と思いがまとわりつきます。
気になる人が参加するイベントに自分も参加したいと思っているのですが、こわくて気がすすみません。
この間の感情解放ワークで、自分の愛など誰も喜ばないという痛みと向き合ったけれど、まだ残ってるなぁという感じです。
とても根深そうです。

2つがあまりにも対比的なので、こんな形でバランスを保とうとしているのかもしれません。
対比的な2つに共通するものも見つけました。
目先の結果や現象から外れて、自分が本当に大切にしたいと思っている根源的なものを意識しようとすると、導きを感じる事ができます。
日々、翻弄されてしまいますが、
自分がどうありたいか、自分というギフトをしっかりと受け止める
力を抜いて身を委ねながらも、その事はしっかりと強く意識していきたいです。

どうも有難うございました。

**************************

いわゆる、お金を稼ぐ仕事を探さないで趣味に走っていいのか?という声がどんどん小さくなっていきます。
自分が『楽しい』と思えることを後押ししてくれる流れがどんどん強く大きくなっている。
制限がぐんぐん外れ始めている。

おとといくらいに、『ああ、旅行に行きたい。旅行に行こう!』と思ったら(私はあまり旅行にさっと出かけるタイプではない)、昨日、地方に転勤した友人から『来週のうちのお祭りすごい楽しいからぜひ見に来てほしい』と電話が。
で、行くことにしました!(電車で2時間くらいの場所で、近いですが)

右回りのうねりが、左回りのうねりに変わったかのような感じ。

飛躍の準備を着々と進めないと!
その時が近づいている。

急いで!と言われてるように感じます。
どんどん速くなっていくから、ついてきて!と。
この楽しい流れにちゃんとついてきて!
そのうち、目にも止まらぬ速さになるから。

そういうことです。
感想というかチャネリングというか。

今回もまたサポートをありがとうございました!

**************************

いつもお世話になっております。
今回のテーマに沿って、ワークを行ったところ、いつもと違い感情そのものが出てく
ることは少なく、むしろ心地よい瞑想に近かったように感じました。時々はこういう
ものもいいなと感じました。
ただ、何かがブロックをしている感は常に感じていました。私にとって大切なものが
皮のカバンに入っているのだけど、蛇が絡まってそのカバンに手を出せないでいるイ
メージ。そんなものも感じました。

**************************

今回のテーマは、昔は良く考えていた事なのですが、最近はこういう事は考えたり、意識したりしないようにしていたという感じがあります。そのせいか意識を向けると『今さら…』とか『そんなこと言ってたからダメだったんだよ』とか、そういう言葉が出て来てしまい、どんな事が楽しいか?という事は出て来ませんでした。
前々回のテーマで、お金が無くなる…というのを意識した時みたいに、それを感じる事を拒否する感じがありました。
『せっかくそんな事考えずに、なんとか普通の日常を送ってるんだから、余計な事に意識向けたくない。むけないでよ!』というような感じでした。何度かワークにトライしたのですが、やはりそんな感じなので、これもまた拒絶している自分がとても強いんだなという事を認識し、深い呼吸をしたり、身体を感じたりしてみました。

身体の左側全体に、なんとも言えない不快感があったり(これは時々ある感覚です)、右足の指がピクピクとつるような感じがあったりしました。胃が痛かったり、身体全体が重く、疲れている感じがありました。その感覚を意識しながら、深い呼吸を続けていると、右足のピクピクは何度もあり、左側の不快感も何度も浮上しました。胃の痛みは、意識を向け深い呼吸を続けるうちに、少し楽になりました。身体の不快感や、右足のピクピクなど、疲れもあるのかもしれないですが、気持ちのカケラ君がいるのかもしれないと、何か言いたい事がないか?聞いてみましたが、良く分かりませんでした。身体全体に感じる重さは、最近改めて認識した『生きること自体の気の重さ』とも関連しているような感じもしました。

**************************

自分の制限や枠を外す事を意識しているとなかなか…。
先日、「あ!アソコへ行きたい!」と思い立って即実行。
あれやこれや、と用意周到準備しないと動けなかった今まで。
帰宅した時の充実感(*^o^*)「自分に正直になるって、こういう事かぁ~。」

「心を病んでいる娘を家に残し自分の楽しみを優先してはいけない」と、自分に枠をはめていた想像以上の抑圧を外すことができたかと思います。
ありがとうございましたm(_ _)m

**************************

私の中に根強くあるのは、天命や使命はとても辛く苦しいものだという過剰な思いです。
先達の進む様子を自分の尺度で判断したのです。
そして、そうでなければならないと自分で決めつけました。本当はそのようにやりたくないのに。
耐えられないものを自分で決めつけて嘆いていました。

自分で決めた苦行から味わった辛い経験。千切れるような精神的、肉体的な傷。炙り出る自分の闇。あることを認めたくない嫌らしさ、狡猾さ。
向き合わなくて済むように、見ないようにするため、無かったことにするため、逃げるために様々な制限や義務を自分で課していました。

今までの自分のあり方は、自分で望んで選んだ結果です。
自分で決めたことでした。


これまで好きだと思ってきたこと、向いていると思ってきたことは本当にやりたいことなのか?本当に楽しいと感じていたのか?

今までの価値観が崩れていきます。
そして、自分の深い部分に進むことに対する恐怖がかなり弱まってきました。

純粋にやりたいこと、楽しいことがはっきりしてくるような気がします。
その兆しやサインを逃さず、じっくりと楽しみながら向き合い感じて行きたいと思います。

**************************

有益、効率、等々の様々をとりあえず全部うっちゃらかして、ひたすらグータラする機会がありましたが、本質的なところはサラッとスパっと進みつつ時間的な効率を無視しながらむしろ効率的という感覚が顕著でしたが、常時坐忘してるようでした。
ありがとうございました。







          目次へ   


   Copyright (c) 2009-2010 Healing-Gate.com. All Rights Reserved.