ヒーリングゲートは、スピリチュアルヒーリングサロン(東京)です

本文へジャンプ
メイン画像  
ホームボタン 瞑想会・セミナー スケジュール プロフィール サロンへのアクセス お申し込み・お問い合わせ

2017/7/9 満月の瞑想会 


今回はお久しぶりの方、初めての方、常連の方々にお集まりいただき、東京ではお盆月ということもあったので、ご先祖様のヒーリングプログラムも誘導して行きました。

また、今回もホログラムを使ったのですが、みなさんが選んだホログラムのうち半分は自然界のためのホログラムでした。これはとても珍しいことで、地球への祈りも皆さんとともに捧げていきました。

【ご感想】*******************************

先日は有意義な瞑想会をありがとうございました。
久々の瞑想会でしたが、眠りもせず、クリアな意識の中で心地良く瞑想出来ました。
自分の先祖と子孫(予定)と、受け継がれて行くものを感じることが出来ました。
今世での私を形成する要素は、生まれる前に私が「これを持って行こう」と決めて持って来たものなのでしょうが、
同時に、血の繋がったご先祖様方から受け継がれて来たもので、中には獲得するのに相当な努力を要したものもあるかと思います。
そう言ったものをきちんと使いこなし、また次の世代に受け継いで行けるよう、先祖の皆様に祈りを捧げたいと思います。
三重県のお盆は来月ではありますが…

**************************

昨日の瞑想会、ありがとうございました。

ご先祖さまといっても、祖父母以外はピンときていないのが正直なところでした。
でも、特に、癒しをホログラムをかけて頂いた時には、
さまざまな存在が、喉が渇いている人がゴクゴク水を飲むように、光を飲んでいる感じが続いていました。
中には、地中から出てくるヴィジョンを見せてくれた方もいました(全然怖くなかったです)。

また、とても印象強かったのが、動物たちへのホログラムがかけられた時のことでした。
ペットのためのホログラムがかけられると、首輪をつけられた動物たちの首が、360度から無数にやってきました。
首輪をつけられていることのストレスやダメージがなんと大きいことか!
どれだけ大切にされていても、彼らにとって首輪は自由がないことの象徴なんですね。
その数の多さに圧倒されて、自分の感情に対してかけるような言葉も出ませんでしたが、何かは起こった気がします。

野生動物のためのホログラムでは、おもむろに、並んでいるダチョウの後ろ姿が見えました。
最初は、なぜにダチョウ?と思い、「ダチョウのみなさん頑張ってください」などとやっていましたが、
途中からは、すーっと楽で自然な意識が、大地かどこかへ伸びていきました。
後でふと、「飛ばない鳥」というところにも何か意味があったように感じました。

また貴重な体験ができました。というと他人事のような言い回しになってしまいますが、
今の私から出る言葉は、そんな感じです。

*******************************

癒しを必要とするご先祖様たちに、癒しのエネルギーが届いたようです。
瞑想中に、気配を感じられた方もいらっしゃいましたが、この場にはたくさんの御魂が訪れていたと思います。

何はともあれ、御魂が健やかでありますように、お祈りさせていただきました。

また、今回は野生動物やペットなどとして人に飼われている動物たち、妖精やディーバたちにも癒しのエネルギーと祈りを捧げていきました。

誘導しながら私に見えていたビジョンは、息も絶え絶えな動物たちの集合意識だったりぼろぼろに傷ついた精霊たちでした。

あぁ、だから祈りが必要だったのだなと深く納得しました。

大地から、もっと意識を向けてほしい、祈りを捧げてほしいという切なるメッセージがとどいたので、それを皆さんにお伝えさせていただき、祈りと感謝の思いを誘導させていただきました。

みなさんお一人お一人が光の柱となり、光のアンカーとなったこの場は、最後はとても美しい光の海となっていました。

今回も、みなさんと素晴らしいひと時を分かち合えましたこと、深く心より感謝申し上げます。

ありがとうございました。

                    KOU



            目次へ   

   Copyright (c) 2009-2010 Healing-Gate.com. All Rights Reserved.