ヒーリングゲートは、スピリチュアルヒーリングサロン(東京)です

本文へジャンプ
メイン画像  
ホームボタン 瞑想会・セミナー スケジュール プロフィール サロンへのアクセス お申し込み・お問い合わせ

2017/1/21 感情解放ワークショップ 


この日は常連の方々がご参加だったので、日常の心乱される出来事から、差し出されているメッセージを丁寧に読み解いていきました。

どんなに感情の基本的な性質や鏡の法則を頭で理解していても、いざひどく心乱される出来事に出会うと、感情が爆発しないように抑えることが精いっぱいのこともあるでしょう。

腰を据えて、相手という「鏡」をじっくりと覗き込み、どこがどのようにそれが自分なのかに気づく機会を持つことは、自身のその後の成長や、精神衛生的にも有意義な時間となるでしょう。


【ご感想】******************************

お世話になっております。

昨日の感情解放WS、どうもありがとうございました。

置き去りにされた感情は、自分の頭では絶対に想像できないことも実感できました。
昨夜はとても頭がすっきりし、本日は久々に良い意味で弛緩していました。

今回出てきた過去世の少年は、危険思想の持ち主と見なされた主要人物の使用人だったようで、下級役人に捕まって、とにかく白状しろと責められるのですが、重要なことは知らないので答えようがない。

一方の役人も、こいつは本当に知らないのではと気づき始めながらも、それでは自分の身が危うくなってしまう。

で、それぞれパニックに陥っているわけですが、不思議なことに、両者のパニックが混ざり合った感情を、ひょんなシーンで2度抱いたことがあるのを思い出しました。

いくつも重なる自分の腹部に向けて呼吸を送りました。

また、別の生でのインチキ占い師らしき老婆の歪んだ心と、惨めな最期には参りました。
あまりにも意外な部分から突拍子もなく出てきたため、強く記憶に残りそうです。
今の自分に対するカウントダウンも出てきましたし……。

そして、今日は、感情の解放と一緒に、統合も大切だなと感じていました。
何も知らずに捕われた少年と、腹黒い老婆では、あまりにもかけ離れています。
両方とも自分の一面として統合するのは、今この生にいる自分なのでしょう。

感情やエネルギーが肝心とはいえ、初心者ゆえかストーリーも微妙に気になってしまいます。
少年を捕まえた役人が使っていた道具は、見たことも想像したこともないものだったため、駄目もとで検索してみたところ、どこかの博物館の、できれば近づきたくないコーナーに存在していました。

そうだ、あれは現実だったんだ、感情を見つけて良かった、と改めて驚きながら体感を思い出しています。

********************

先日は、お世話様でした。
そして、メールをありがとうございましたm(_ _)m♡

やはり、感情解放ワークに参加させていただき良かったです。

受けていなかったら、強いメッセージを頂けていることに気付けないで
また逃げてしまったのかもしれません。

自分では、感情を観ているつもりでも頭で考えて押さえていた様です。

今は、ざわつく心や苦しさは無くなりました。

目の前の方の問題では無く
自分の内側を観せてもらっていることを改めて気付かせていただきました。

相手の方に申し訳ない気持ちと
ありがたかったと思えるようになって来ています。

これからは、自分の感情を掘り下げていくことを練習していき
身に付けていきたいと思います。

本当にありがとうございましたm(_ _)m♡

KOUさんに出会えたことに
感謝しています。

***********************************

鏡の法則を読み解くワークは、相手が人間でなくてもできます。それを見るとどうにも心穏やかでいられないという物や動物などからでもできます。

要は、どうしてそれが気になるのか、自分が何に反応しているかの要素が分かれば良いので、きっかけ自体は何でも良いのです。

深く見ていくと、今回の参加者の方のように、不思議とそこから過去世の自分の姿が見えてくることもあります。

ワークの掘り下げで出てくるイメージというのは、故無く出てくるのではありません。魂の中に、そうしたものを体験した記憶があるから、イメージが出てくるのです。

他の人が同じように質問されても、その人と同じように答えるとは限りません。それは、その人の中に在る魂の体験の背景が違うからです。

その過去世が本当なのかどうなのか、という部分はワークではあまり重要視しないのですが、それは、今をより良く生きるために対処すべきことを知るための、単なるきっかけにすぎないと考えるからです。

最終的には、差し出されているメッセージに適切に応答して、今がより素晴らしいものになればいいわけです。

日々差し出されるメッセージに気づき、応答しながら、みなさまのこの生がより輝くものとなりますように。


今回もみなさまの真摯な取り組みに立ち会わせていただき、心から感謝申し上げます。ありがとうございました。

                     KOU





                    目次へ   

   Copyright (c) 2009-2010 Healing-Gate.com. All Rights Reserved.