ヒーリングゲートは、スピリチュアルヒーリングサロン(東京)です

本文へジャンプ
メイン画像  
ホームボタン 瞑想会・セミナー スケジュール プロフィール サロンへのアクセス お申し込み・お問い合わせ

2017/3/25 感情解放ワークショップ 


この日は継続してご参加くださっているみなさんでしたので、普段ご自宅で一人でワークされているとき、どんなことに引っ掛かっているかなどのポイントや、最近起こった出来事の中からワークの糸口を探っていく部分を丁寧に解説していきました。

【ご感想】******************************

こんにちは✨😃❗先日はお世話になりました。

あれからずっと自分を振り返っていました。コウサンの指摘通り痛感しています。書道に行って先生がいつもよりきちっと私の癖など注意され、丁寧に指導してもらい改めて、雑な対応より少しでも向き合ってもらえることの安心感を味わって、先の自分像でなくその時その時に自分と寄り添うことが重要なんだと感じました。

自分がされて嫌なことをわたくしは自分にしていると痛感しました。一気にではなく自分のできる範囲で少しずつ感情を向かえに行きたいと思います。

ワークショップで核心の扉の前に感じる感情を向かえに行っていざ核心になるとぐっすり寝ていたので、拒絶の痛みからしっかり向かえにいきます。ありがとうございました

***************************

お世話になっております。

感情解放WS、ありがとうございました。

今までの感情解放は、どれもいっぱいいっぱいだったのですが、
実は、とても大変だったものの、状態としては具体的でわかりやすかったのですね。

今回は、ただ自由になりたいエネルギーや、それらを押さえ込んでいた不安や混乱などで、急に複雑になった感じです。
身体の中の感情に従って何往復もし、自分の体内で方向感覚を見失ってしまいました。
そんな中、「自由になりたい、もっと動きたい」と望んでいた複数のエネルギーが、「(私が)勘違いしている」と明瞭に言ってきたのには驚きました。
おそらく重層的に勘違いしているのでしょうが、そのうちのひとつは、帰途、自転車に乗っていてわかった気がします。

私は、まったく無意識に、自分に体力や気力や知力が足りないのを何とかしようと必死になったあまり、エネルギーであれば何でも溜込んでいたようです。
蓄えておくべきエネルギーだけでなく、活かしてこそのエネルギーまで、変形させて身体につけていました。
まるで、自転車というものを知らない人が、人が乗るものではなく、置物だと勘違いするようなものかもしれません。

そこまではなんとなく腑に落ちたとはいえ、さてその解放できたエネルギーがどうなるのか?まではわかりません。
また、当日は寝るまでずっと、同じような感じの他のエネルギーがざわついて大変でした。

なんとかひとりで解放できる「こともある」かも、と思った段階なのに、はい次の課題はこれ!と言われた感じです。
それに、ネガティヴな感情に対して、ちゃんと受け止めるぞ!とドッヂボールの構えをしていたら、今回は予期しない方向のあちこちから、ころころとピンポンボールがやってきたような展開でもあります。

自分なりに整理しながら、取り組んでいきたいと思います。

**************************

本日も、本当にありがとうございました。

今回はワークをしていただいて、今世を生きることも目標になりました。
がぜんやる気出ました。ありがとうございます。

過去世の自分が、悲しみから命を失ったことにやっと気づいてもらえたのが、嬉しくてたまらないようです。それだけでもだいぶ解放されたと思います。サポート
ありがとうございます。

たしかに、現在も生きて行けなくなったら、死ぬことも選択しなくてはならない日もあるかもしれないと思っていました。

感謝です。
もう少し自分と向き合う時間を取ってあげたいと思いました。

これからは、出来る時はなるべく自分と向き合う時間も、作ろうと思いました。

ではではまた⭐︎
ありがとうございました。^_^

***********************************

ワークでは、しばしば強烈な場面の記憶や浮上したり、感情が湧き上がってくるので体力的にも精神的にもきついことは確かにあります

けれど、自分自身に向かに来てもらえた感情のカケラ君たちは、とても安心してホッとしますし、自分に対する信頼感を持つようになるので、ちゃんと彼らを迎えにいければ、心はとても安堵します。

その時上手くできなくても、「見捨ててないよ」というメッセージを彼らに向かって送るだけでも、それはとても大きな変化を及ぼします。

一朝一夕にすべてを解決できるわけではありませんが、その一歩一歩の歩みをどうぞ慈しみながら、途中に準備されているとても美しい宝を拾いつつ、ご自身との和解の旅を続けていていただければと思います。

今回もみなさまの真摯な取り組みに立ち会わせていただき、心から感謝申し上げます。ありがとうございました。

                     KOU





                    目次へ   

   Copyright (c) 2009-2010 Healing-Gate.com. All Rights Reserved.